2020年11月29日

一生ボケない脳をつくる77の習慣

photo-1443472933321-f2617633c81b.jpg
◎老化は「脳」から、若返りも「脳」から
◆歳だからと言い訳しない
◆40代以降の「脳」について知っておく
①前頭葉が委縮してくる
②脳内伝達物質(セロトニン)が不足してくる
③動脈硬化が起こる
④男性ホルモン(テストステロン)が減少する
◆うつに要注意
◆男性更年期にも要注意
◆前頭葉の老化を防ぐ
 ①意欲と感情のコントロール
 ②思考のスイッチング
 ③クリエイティビティ


◎脳の「出力系」を鍛える
◆「アレ」「コレ」「ソレ」を使わない
これらが会話の中に多くなってきあたら
「脳のサビつき」「老化」の加速度が増してる証拠
◆「まあいいか」をやめて、「思い出す」努力をする
◆プライドを捨ててわからないことを尋ねる
◆ブログやフェイスブックを活用する
◆新しい人と知り合う
◆身近なもので「思い出す」きっかけをつくる
◆お金を上手に使う
◆お金の遣い方をしっかり考える
◆言葉と行動をセットにする


◎脳の「変化対応力」を鍛える
◆「想定外」の物や出来事を歓迎する
・ワクワクするような出来事でも、トラブルでも
 アクシデントでも、前頭葉が活発になるのは
 「想定外」の出来事に出会ったとき。
◆適度に「株」や「ギャンブル」をする
◆時には恋もしてみる
・老いらくの恋から心が若返れば、老いらくではなくなる。
◆馴染みの店ばかりに行かない
◆変化を恐れず、変化を楽しむ
◆歳をとっても苦労は買ってでもすべき
◆グチを言わない。文句を言う前に考えるくせをつける
◆ひとつのことに30のアイデアを出す訓練をする
◆これまでどうだったかよりこれからどうするか
◆積極的に失敗の可能性のある実験をする


◎感情の老化、思考の老化を防ぐトレーニング
◆バラエティ番組は見ない
「ボケ」を促進するだけのテレビ番組は観ないにつきる
◆自分にとっての本物探しをする
◆非dと付き合いをよくする
◆若い人と付き合う
・リタイヤしたら一気に老け込むのは、
 張り合いのない生活のなかで老け込みの悪循環に陥るため。
 心を若く保てる環境を自ら求め、行動することが大切
◆「協調性」を気にしない
◆堂々と自己主張する
◆反骨精神を持つ
◆積極的に議論する
◆ことなかれ主義をやめる
◆物事をすすんで引き受ける
・その実行力が「脳の若さ」を保つ
◆欲求にブレーキをかけない
◆昔の自慢話はしない
・昔は○○だったという昔の自慢話をするのは「老化」の現れ。
◆本は手当たり次第なんでも読む
◆今どきの若い者は・・・は禁句にする
◆素直になる
◆うまくいかないときは、すっぱりあきらめ、リセットする
◆ささいなことは気にしない
◆「思い込み」の呪縛から自分を解き放つ
◆定説・常識・伝統を疑うクセをつける
◆「そうだったのか思考」より「そうかもしれない思考」
・アイデアが広がるメリットも。
◆くだらないことでも趣味にする
◆余計な知識をどんどんつける
・知らない言葉が出てきたら、すぐに調べる
 余計な知識も増えれば、発想やアイデアも広がる
◆「思いつき」や「仮説」を大切にする
◆家族とは「つかず離れず」の関係を保つ
◆「我慢しない生活」を心がける


◎日常の行動・習慣から若返る
◆いつもとほんの少し違うことをしてみる
◆面倒がらずにおしゃれをする
◆高い洋服を買う
◆人付き合いにお金を惜しまない
◆若々しい行動をする
◆「体育会系の運動」より「好きなことのために動き回る」
◆「ウォーキング」より「のんびりお散歩」
◆「粗食系」より「肉食系」
◆「メタボ」も「コレステロール」も気にしない
◆体力を温存しない
◆ラクチンな服は着ない
◆笑いを生活のなかに取り込む
◆健康診断の値は気にしない
◆健康オタク、不調自慢はやめる
◆お酒は適量を守る
◆習い事でも自分なりの独自性をめざす


Myおススメ度★★★3.5(5段階中)2020/11/24 読了

一生ボケない脳をつくる77の習慣 - 和田秀樹
一生ボケない脳をつくる77の習慣 - 和田秀樹

一生ボケない脳をつくる77の習慣 [ 和田秀樹 ] - 楽天ブックス
一生ボケない脳をつくる77の習慣 [ 和田秀樹 ] - 楽天ブックス

一生ボケない脳をつくる77の習慣【電子書籍】[ 和田秀樹 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
一生ボケない脳をつくる77の習慣【電子書籍】[ 和田秀樹 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by takewoody at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 暮らし・健康関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください