2019年11月07日

終わった人 (講談社文庫) /内館 牧子

こんにちは、Takewoodyです。
本日は、過去に読んでBlog掲載してない本のご紹介です。

いつもビジネス書ばかりですが、たまには小説も読みます。
この本は、定年退職後の、良くある事を小説にした内容です。
定年が近い世代でも、若い世代でも、楽しめます。
person-731423_960_720.jpg

★内容★
「定年って生前葬だな。これからどうする?」
大手銀行の出世コースから子会社に出向、
転籍させられそのまま定年を迎えた田代壮介。
仕事一筋だった彼は途方に暮れた。

年下でまだ仕事をしている妻は旅行などにも乗り気ではない。
図書館通いやジムで体を鍛えることは、
いかにも年寄りじみていて抵抗がある。
どんな仕事でもいいから働きたいと職探しをしてみると、
高学歴や立派な職歴がかえって邪魔をしてうまくいかない。

妻や娘は「恋でもしたら」などとけしかけるが、
気になる女性がいたところで、思い通りになるものでもない。
惑い、あがき続ける田代に再生の時は訪れるのか?
ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す──。

生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に
再生の時は訪れるのか?シニア世代の今日的問題であり、
現役世代にとっても将来避けられない普遍的テーマを描いた、
大反響ベストセラー「定年」小説。

Myおススメ度 ★★★★4(5段階中) 2018/8 /26 読了

終わった人 (講談社文庫)
終わった人 (講談社文庫)

終わった人 (講談社文庫) [ 内館 牧子 ] - 楽天ブックス
終わった人 (講談社文庫) [ 内館 牧子 ] - 楽天ブックス

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:小説
posted by takewoody at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください