2020年02月16日

神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。

photo-1579525108311-0c5730b5799d.jpg

・きちんとした清潔な身なりをすることによって、魂も整う。
・ネガティブな気持ちを浄化する方法
手を拭って、清める。物理的な汚れだけでなく、
気持ちの汚れも拭い去れるから「手ぬぐい」なのです。

・神社の仕事は、「掃除に始まり、掃除に終わる」
と言われています。

それだけ身の回りを綺麗にすることは、とても大事。
デスクの上には余計な物を出しておかない。
ペン1本でも、その都度、引き出しやペン立てにしまう。
きれいな状態を保てる習慣づくりをしましょう。

・かばんを床に置かない

・靴は靴箱に収納し、余計な物は玄関に置かない
風水では玄関は「運気を呼び込む場所」とされているようですが、
いいものだけでなく、悪いものも入ってきてしまう。

・脱いだ靴はきちんと揃える
そこには「立ち止まる」「振り返る」「靴を揃える」
という三挙動が生まれるからです。
靴を揃えるということは、自分の心を
整えるということと同じこと。

・トイレにも神様はいらっしゃる。
・感謝で1日を終える

・お賽銭は四十五円がいい
「お賽銭に四十五円入れると、始終ご縁、ができますよ」

・自分のためだけではなく、誰かのためにできることを考える

・生きているのではなく、生かされている
・日本人は世界一心配性

★内容紹介★
テーマは
「知っていそうで実は知らない、神社の正しい活用法」。
著者は、神代から「聖地」として人々の信仰を集め、
聖武天皇の命によって創建された、
1281年続く賀茂神社に生まれ育ち、
将来、50代宮司となる岡田能正氏。
「苦しいときの神頼み」の前にやること。
日常生活における神様との向き合い方、
その極意を多くの日本人に伝えるべく、神道の専門家であり、
由緒ある家に生まれ育った著者が神社ブームの中心を成す
20~30代女性にも親しみやすい言葉で紹介する書籍。

Myおススメ度★★★★4(5段階中)2020/2/12 読了

神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。 - 岡田能正
神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。 - 岡田能正

神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。 [ 岡田能正 ] - 楽天ブックス
神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。 [ 岡田能正 ] - 楽天ブックス

神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。【電子書籍】[ 岡田能正 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。【電子書籍】[ 岡田能正 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:神社
posted by takewoody at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | ビジネス・自己啓発本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする